うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

テレビ雑記・恋からリバイバル

昨夜、テレビをつけたら『超踊る!さんま御殿!!恋のから騒ぎ大復活!新春4時間初笑いSP』が放映されていた。恋から〜! 懐かしい。昔の出演者たちの相変わらずのぶっ飛んだトークを小4の娘と爆笑しつつ観ていたのだが、夫が「これ好きじゃない」と何度もいう…

リアルすぎる人生の痛み 橋口亮輔『恋人たち』

[原作・脚本・監督]橋口亮輔 [出演]篠原篤、成嶋瞳子、池田良、安藤玉恵、黒田大輔、山中崇、内田慈、山中聡、リリー・フランキー、木野花、光石研 140分テアトル梅田で12月いっぱいの上映だった『恋人たち』を年の瀬ぎりぎりに観に行った。観に行けてよ…

生きることへの誠実なエール  梨木香歩『裏庭』

こないだ、カフェネスカフェの本棚に置いてあった梨木香歩の『雪と珊瑚と』をお茶を飲みながら途中まで読んで、不覚にも二度ほど涙ぐんでしまい、そのゆるやかな語りが優しくてとてもいいなあと思ったもので、その続きはまたカフェネスカフェで読むとして、…

007 SPECTRE

[監督:サム・メンデス、製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、製作総指揮:カラム・マクドゥガル、原案:ジョン・ローガン、キャスト:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ワルツ、レア・セドゥー、レイフ・ファインズ、モニカ・ベルッチ、201…

クリスマスソングとか

三毛猫ホームレス×luluの「kisses」いいな〜。と書きながらも、どっちの正体もよく分かんないけど。なんなんですか「小麦粉多めの蕎麦を食べているmochilonと、社会人らしい生活の傍らTシャツ等を作っているhironicaの二人組音楽ユニット」って。だるい声と…

ユキちゃんにすすめたいブラ

先日感想を書いた漫画「ヒメゴト」。 moving-too-much.hatenablog.com 全然主筋に関係ないけど、この漫画はブラウォッチャー(?)的にも見どころが多かった。作中にブラにまつわるエピソードがよく出てくるんだもん。私、仕事で3年ほど下着にガッツリ関わ…

人類は進化している  峰浪りょう『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』

いや〜ほんと、むちゃくちゃ面白かった。fuyu77さんのブログで知った峰浪りょうさんのマンガ『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』。 ヒメゴト?十九歳の制服?(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス) 作者: 峰浪りょう 出版社/メーカー: 小学館 発売日: …

岡村靖幸2015 FALL〜WINTER TOUR「愛の意味」

11月5日大阪フェスティバルホールで、岡村ちゃんとのDATEで大阪ベイベになってきた!いやー最高、岡村ちゃん。19時開演で、終演は実に3時間20分後の22時20分。そりゃ全盛期に比べるとダンスのキレは多少落ちてるかもしれないけど、熱のこもったギターやキー…

[本メモ]EPITAPH東京  きみは赤ちゃん

いろいろと余裕ない。ちゃんとレビュー書こうと思うと滞りすぎるので、とりあえず2冊メモ。 ■恩田陸『EPITAPH東京』 EPITAPH東京 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2015/03/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 面白…

夏の終わりの憂鬱

仕事でのあり得ないミスが続き、対人関係でもいやなことが続き、運動不足の体はますます緩み、それなのに仕事はどんどんたまっていき、集中力はちっともないせいでたまった仕事が一向に減らず、ストレスで肌や髪の調子が悪いものだから、ますます外見の醜さ…

愛だろ、愛! 『東京タラレバ娘1〜3』

「中年の危機」感がぶり返している。なんしか最近の自分の劣化がひどいから。しかし、私の外見や体力が「劣化」したところで世界の誰が気にするというのだ。私の背中に肉がつこうと、顔の皺が増えようと、それがなかったからといって美的レベルが目に見えて…

術後の体力減退

6月末に子宮摘出手術をして、今日はそれから1ヶ月と20日ぐらい。術後2回目の外来で病院に行った。調子どうですか、と医師に問われたので、左下腹が少し痛むことがある、と伝えたところ、私にとっては結構衝撃的なことを言われた。「左? ああ、左は卵巣腫…

わたしのマーガレット展〜マーガレット・別冊マーガレット 少女まんがの半世紀〜

阪急うめだ本店9F阪急うめだギャラリーで「わたしのマーガレット展〜マーガレット・別冊マーガレット 少女まんがの半世紀〜」を見てきた。以前、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されていたときに、まついなつきさんのnoteのレビューを読ん…

翳りゆく部屋

なんで今って感じやけど、ユーミンって、ええよなあ。なんしか今、めっちゃユーミンどっぷり聴きたい気分やけど、前はiTunesで古いアルバムも売ってたのに、今はなくなってしまって買えない。残念。「ベルベットイースター」と「雨の街を」だけは前にiTunes…

異物が侵入してきた社会のリアリティ『第9地区』

http://wwws.warnerbros.co.jp/district9/#/DownloadScene [2009年米 監督:ニール・ブロムカンプ キャスト:シャールト・コプリー、ジェイソン・コープ、デヴィッド・ジェームズ、ヴァネッサ・ハイウッド]『チャッピー』が面白かったので、ニール・プロム…

とても今日的な秀作『グローリー/明日への行進』

映画「グローリー -明日への行進-」glory.gaga.ne.jp [2014アメリカ 監督:エヴァ・デュヴァネイ キャスト:デヴィッド・オイェロウォ、オプラ・ウィンフリー、トム・ウィルキンソン、ティム・ロス]よい映画でした。公民権運動の偉大な指導者として知られ…

狂ったツンデレ映画『神々のたそがれ』

撮影6年! 編集5年!! 完成を待たずに監督が死んでしまったものの、遺された家族が完成へと導いて、今、奇跡の公開!!! という「え?」と思わざるを得ない異常な制作経緯。そして、以下のようなとんでもない筋書き。 「地球より800年ほど進化が遅れてい…

MAD&MUDDYな映画の日

朝からジョージ・ミラー監督『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を、午後からアレクセイ・ゲルマン監督の『神々のたそがれ』を観た。どう考えても濃すぎる組み合わせ。1日で見るの間違ってるよなあ。どっちも面白くて、全然タイプの違う映画だけど共通点…

なでしこっッ----!(絶叫)

いよいよなでしこ決勝戦! というのに、小学校のPTAで通学路の立ち番が回ってきたので、7時50分から学校の近くの交差点に立たねばならぬという全く気がすすまないミッションを果たすために試合の冒頭を見逃した。8時20分に自宅に帰ってテレビをつけると…

クロード・ルルーシュ『男と女』

初めて観たのは2年ぐらい前に。DVDで。今回2度目。理由あって今回は英語字幕で観たからよく分かんないところもあったけど、ストーリーは単純だから無問題。 クロード・ルルーシュ、好きなんだよね。つっても、劇場で観たのは1998年制作(日本公開は2001年…

療養LIFE☆なでしこ決勝進出

退屈しのぎの駄記事。退院後の自宅療養生活も早4日目。今日は朝からテレビでなでしこジャパンの対イングランドの準決勝を観戦するという極楽。仕事生活に戻れるのか今からとても心配だ。それにしても、いやーよかったわあ。前半の宮間の狙い澄ましたPK。カ…

自分の人生が楽しいことを公言するな、という圧力

地獄のガールフレンド 1 (フィールコミックス FCswing) 作者: 鳥飼茜 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2015/04/08 メディア: コミック この商品を含むブログ (4件) を見る 「自分の人生が楽しいと 人に言いづらいのはなんでだ」「お互い選んだ道が違いすぎ…

有吉佐和子『処女連禱』

いやー、やっぱ面白いわ、久々の有吉佐和子。かつて何かの書評本に、斎藤美奈子が「『有吉佐和子を読むと癒される』といってる女友達がいて、ほんまかいなと思って読んだらほんまに癒されて驚いた」というようなことを書いていたことから(もちろん原文ママ…

車谷長吉『漂流物』

今年5月に亡くなったばかりの車谷長吉の、まだ読んでない短編を7篇収めた文庫本が入院中の病院のボランティア図書館にあったので借りた。言うまでもないけれども面白い。面白くないはずがないのだ、車谷長吉の小説が。「山手線有楽町駅のプラットフォーム…

腹腔鏡による子宮全摘手術を受ける

ここ数年、慢性的な腹痛と腰痛、頻発する脳貧血の症状に苦しめられていて、それは年々大きさと数を増す子宮筋腫が主な原因であろうと見定め、春にレギュラー仕事が1本なくなって時間の調整をしやすくなったのを機に、手術をする決心をした。体調不良というと…

夢の実現、自由の獲得

小4の娘と一緒にDVDで観たディズニーのファンタジー2作。 娘はラプンツェルがいたく気に入ったようで。『アリス・イン・ワンダーランド』[2010年アメリカ 監督:ティム・バートン、脚本:リンダ・ウールヴァートン、キャスト:ミア・ワシコウスカ、ジョニ…

『チャッピー』

映画『チャッピー』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズwww.chappie-movie.jp [監督:ニール・ブロムカンプ、脚本:ニール・ブロムカンプ&テリー・タッチェル、キャスト:シャールト・コプリー、デーヴ・パテル、ニンジャ and ヨーランディ・ヴィ…

南部広美の女神性

いやー、南部広美最高やな〜。なにがって、もちろんTBSラジオ「ジェーン・スーの相談は踊る」の代行MC・南部広美の回(6月6日)の件ですよ。いやほんと素晴らしい、TEAM花沢。感動した。出てくるエピソードが全部いい人すぎるよ〜。荻上チキに「月曜日に…

海の夫人

[作:ヘンリック・イプセン、演出:宮田慶子、出演:麻実れい、村田雄浩ほか] 大好きな麻美れいさんの舞台が、兵庫県立芸術文化センターに1日だけ巡回する、というのを前日の神戸新聞で知り、わずかに残っていた席をネット予約し、小4の娘を伴って観に行…

『猟奇的な彼女』

猟奇的な彼女 [DVD] 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント 発売日: 2011/12/09 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (15件) を見る [2001/韓国 監督:クァク・ジェヨン キャスト:チョン・ジヒョン、チャ・テヒ…

10数年ぶりにツタヤのカードを作った。

十数年ぶりにツタヤのカードを作って、各100円でDVDを2本借りてきた。ツタヤでカード作るの気が進まなかったんだけど、ちょっと借りねばならん用があったもので。『チャーリーとチョコレート工場』ティムバートン監督/2005年 チャーリーとチョコレート工場 …

『地獄のガールフレンド』

地獄のガールフレンド 1 (FEELコミックス) 作者: 鳥飼茜 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2015/04/08 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を見る 『先生の白い嘘』の鳥飼茜のもうひとつの新刊『地獄のガールフレンド』を購入。年齢も立場も違う…

森茉莉『貧乏サヴァラン』『甘い蜜の部屋』

ちょっと仕事の資料として耽美的な文章を探していて行き当たった森茉莉。森鴎外の娘、として名前は知っていたけれど、著作を読むのは初めて。 貧乏サヴァラン (ちくま文庫) 作者: 森茉莉,早川暢子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1998/01 メディア: 文庫…

バードマン あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』公式サイトwww.foxmovies-jp.com 去年会員になった映画館からもらったタダ券が今日切れることに気づいて観に行った「バードマン」。アカデミー賞4冠! っつっても、きっと通向けの映画なのね。映画好…

先生の白い嘘

やばい。ちょっと前のHONTZの記事をきっかけに、ネット上で冒頭を無料立ち読みしたときの強烈な印象を忘れることができずに、何度も夢に出てきたので、ようやく1〜3巻をまとめ買いしてきた鳥飼茜さんの『先生の白い嘘』。 先生の白い嘘(1) (モーニング KC)…

土の匂いの曲

Tchaikovsky-Violin Concerto in D Major op. 35 ... 夜明け前。土の中で、木陰で、草むらで、山で、野で、生命が首をもたげ、這い出し、ざわつき、うごめき、やがて夜が明け、大地は光に満ち、死の予感を内包した生の歓喜を、生を生きる主体であるさまざま…

生き仏のような伊藤比呂美、圧巻。

凍えるように寒い12月の土曜日、P-actの『猫会議 師走の京都で伊藤比呂美に会ふこと』を観た。 チラシだけでは内容がよく分からなかったのだけど、女の人生を生々しく語らせたら一級品すぎる詩人・伊藤比呂美が般若心経を現代語訳した、というか、老親の看取…

鈴木さんと上野さん

たまたまpodcastで、TOKYO FMの「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」を聞いた。10/30、11/20にリリースされた「日本を代表する社会学者の上野千鶴子さんとの対談」という3回シリーズ。とても面白かった。 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ TOKYO FM ビジュアルアート ¥0…

若大将〜♡

BSジャパンの「土曜の若大将!」という企画で、1960年代の加山雄三の「若大将シリーズ」を放映している。11月8日(土)の『エレキの若大将』を観た。たまたまテレビを観ていたオットが面白い面白いというもので。本当に面白い、なんだこれ。 BSジャ…

震災前の神戸

1980年代の終わりに「過ぎし日のセレナーデ」というドラマがありましてですね。舞台は神戸、主演は田村正和、脚本は鎌田敏夫、主題歌はヤンスギョンの「愛されてセレナーデ」。大人の男女が入り乱れるメロドラマです。 いやしかしほんとにこのドラマの田村正…

維新派「透視図」

現在公演中、維新派の野外公演『透視図』を中之島GATEサウスピアで観た。 2014年公演「透視図」特設サイト 知人が出ると聞いて、面白そう、と思ってチケット買ったものの、維新派は見るの初めてで、何の予備知識もなかった。屋外ステージを公演の都度手作り…

メンタルがすごく落ちててやばい

春から仕事がすごく忙しくて全く余裕がなかったのが、秋になってちょっと余裕ができた瞬間、作業効率がものすごく落ちて、できるはずのことがことごとくできなくなった。一つのことやるのにものすごく時間かかるし、忘れ物が多い。優先順位を判断できない。1…

GingerL。2014 SUMMER

幻冬舎の女性向け文芸誌。「GINGER L.(ジンジャーエール)」。文芸誌にして、なんとアラサー向けファッション誌「GINGER」の姉妹誌ですよ。いいね! まさに「L文学」(by 斎藤美奈子)の文芸誌。気になっていたのだけど、買うのは初めて。書店でいつも見つ…

雑誌雑感 Vogue girlリニューアル号

今さら気づいた、VOGUE GIRLリニューアル号が発行されていたことを!なんですって、8月23日発行だったんですって。迂闊なことに全く気づいてなかったぜ……。元ELLE online編集長の宮坂淑子さん移籍後第一作ということで、大変楽しみにしていたというのに、な…

グランド・ブダペスト・ホテル

[監督・脚本:ウェス・アンダーソン 出演:レイフ・ファインズ、F・マーリー・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、レア・セドゥー、ティルダ・スウィントン] シネ・リーブル神戸の6月末実までの1000円チ…

雑誌雑感 2014年7月号

ああ、仕事が忙しすぎて雑誌をチェックするヒマもなかった。まだまだ残ってるけど集中力が枯渇した。今さら7月号でもないけど、一応7月号。●装苑 2014年7月号 装苑 2014年 07月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 文化出版局 発売日: 2014/05/28 メディア: 雑誌 …

アナと雪の女王

思いっきり旬を外して、今さらながら見た「アナ雪」。正直、スルーするつもりだったんだけど、小3の娘の周りでは友達がほぼ観ているそうで、しつこくせがまれて観に行った。このまま夏休みまで公開が続くのではないかと思われるロングラン上映。すごいなあ…

オリーブはどんなハシゴを外したのか

未婚のプロ、ジェーン・スーが語る『オリーブ』の呪いの件。 ジェーン・スーが語る 雑誌『オリーブ』の呪い そうかー。ジェーン・スー先生はオリーブ少女だったんですね。大好きなジェーン・スー先生だが、この回は聞いててモヤモヤした。だいたい、オリーブ…

雑誌雑感 2014年6月号

●Ginza 2014年6月号 GINZA (ギンザ) 2014年 06月号 [雑誌] 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2014/05/12 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る やっぱり買ってしまうGINZA。ラブ。今号のテーマキャッチは「ファッション雑誌を読みまし…

THE SEPTEMBER WIND

松岡直也さん、亡くなったのかあ。好きだったな〜。懐かしの80年代、海の遠い山中の田舎町の中学生だった私はものすごく海に憧れていて、夏休みに家族で行く2泊3日の海水浴を1年中楽しみにしていた。当時泳いだ海はハートカクテルに出てくるようなパームツ…