うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

メガネブルー

加齢による水晶体調節機能の減退を感じたので、生まれて初めてメガネでも作ってみようかと思い眼鏡屋に行った。視力は自称1.5だったが、視力測定するのは10年以上ぶり?

視力は1.0まで落ちていた。

老眼はたいしたことないとのことだったけど、遠視ぎみになっていて、乱視もあるそうだ。合わせてくれたレンズを通して風景を見ると、たしかに普段よりくっきりしている。

この時点では自覚していなかったけど、視力が落ちていたと宣告されただけでかなりダウナー側に気持ちが振れていたらしい。フレームを選ぶためにあれこれと眼鏡をかけては、鏡をのぞきこむ。どれもあまり似合っている気がしない。気分が沈んでいく。

めがねをかけて笑うと、皺が目立つ。いつもよりくっきり見えるぶん、肌のたるみも脳内イメージよりもくっきりしている。朝、家を出てきたときはもうちょっと颯爽としていたはずなのに、鏡をのぞき込めばのぞき込むほど、自己嫌悪が募る。そうかこれが本当の姿か。似合う、似合わないよりも、自分の汚らしさに目がいって仕方がない。結局選びきることができず、親切な店員さんに謝って店を辞した。

加齢ともに視力が弱ることには、自分の衰えをくっきり見なくてもいいという非常に優れた側面がある。もうしばらく、眼鏡はかけずに過ごそうか。