うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

現状に倦怠していることを恥じないお前に倦怠する

現状に倦怠していることを自慢のように垂れ流す言説が嫌いだ。「もう仕事には飽き飽きしてる」とか「結婚生活なんか我慢の連続やで」とか、そういうの。いや、本当に心の底からそう思ってるなら話は別だけど、その手の話が当たり障りのない世間話だと信じて、軽く同意を求める調子でその手の話を繰り出してきて大人ぶる奴に腹が立つ。聞いているだけでイライラする。さらに、その流れに棹さすように機嫌よくリズミカルに相づちを打つ後輩体質の人間がその場に居合わせるとイライラが倍加する。本当はそんなこと思ってないってことが丸わかりなことをあえて口に出してうなずき合うことに意味なんてあるんだろうか。ないっつーの! 天候の話をしてる方がよっぽどマシだ。