読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

THE SEPTEMBER WIND

音楽

松岡直也さん、亡くなったのかあ。
好きだったな〜。懐かしの80年代、海の遠い山中の田舎町の中学生だった私はものすごく海に憧れていて、夏休みに家族で行く2泊3日の海水浴を1年中楽しみにしていた。当時泳いだ海はハートカクテルに出てくるようなパームツリー揺れるおしゃれな海じゃなかったけど。海を見られない間は「九月の風」の冒頭の海の音を聴きながら山の向こうにあるはずの海に思いを馳せたもんだよ。レンタルレコード屋でLPを借りて、ゴールドラベルに高級感がにじむMaxellのXL-Ⅱを奮発してダビングして、レタリングシールと雑誌のおしゃれ写真の切り抜きを駆使して、中学生的に最高にかっこいいINDEXを作ったもんだよ。

九月の風~通り過ぎた夏~

九月の風~通り過ぎた夏~

 

 

多少の湿り気はあるものの、ラテンの開放的なリズムで日本の土着な生活感を脱臭した松岡サウンドを聴くと、皮肉にもリアルに思い出すのは田舎の中学生のウェットな鬱屈。大人になり、今は数分で海にたどり着ける場所に住んでいる。