読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

雑誌雑感 Vogue girlリニューアル号

今さら気づいた、VOGUE GIRLリニューアル号が発行されていたことを!
なんですって、8月23日発行だったんですって。迂闊なことに全く気づいてなかったぜ……。元ELLE online編集長の宮坂淑子さん移籍後第一作ということで、大変楽しみにしていたというのに、なんということでしょう。気を取り直して気づいた時点で買うしかありません。

VOGUE GIRL No.7 (ヴォーグ ジャパン2014年9月号増刊)

VOGUE GIRL No.7 (ヴォーグ ジャパン2014年9月号増刊)

 


でも、う、う〜〜ん……。どうなんでしょう。
表紙からして、何かの雑誌のINBOOKっぽいというか、パブリシティっぽい感じが漂っていて、リニューアル号っぽいワクワク感が少ない。

むしろ発売前の編集長ブログに掲載されていたダミーカバーの方がよいのではないかという気がするのだけど。


OMG!今日リニューアルしまーす!サイトがね。|vogue girl編集長のモードのケモノ道|ファッション、コレクション最新情報|VOGUE


「ファッションストーリーほか、知ってるとちょっとイバれるゴシップやカルチャーまでトレンドを全網羅。読んでいることがステイタス。ガールのためのトレンドバイブル」

というのは、冒頭に掲げられた同誌のコンセプトっぽいものなのだけれど、ここでいう〝ガール〟って誰なんだろう。どうも「25歳以下のモード好き女子」ということらしいのだけど、Vogueの妹世代に向けてのメッセージがすごく明確なわけではなく、むしろVogueとどう違うのかがよく分からない。出ている洋服は大半がハイブランドだし……。ハイブランドの最新トレンドを紹介しつつ、〝ガール世代〟ならではのアレンジができるファスト系とか古着系の情報が盛り込まれているのなら意味が分かるけど、ハイブランドの新作でガチガチに固めつつ、一見カジュアルなコーディネートをいくら提案されても、絵に描いた餅感がありすぎるというか……。ストリートスナップのようなリアルトレンドの情報も皆無だし。いや、バリバリのモード誌ならそれでいいけど、じゃあ〝ガール〟って誰? エル・ファニングのことなの??? こんなの着こなせる女子って果たしてガールといえるのだろうか。

メインモデルはELLE Onlineのファッション特集で輝いていたKOuKAちゃん。KOuKAちゃんはいつどこで見てもとても魅力的なのだけど、彼女でgirlを体現させるなら、やっぱり表紙はKOuKAちゃんにしてほしかった。

セックスの話題を入れてみたり、仕事の話題を入れてみたり、ティファニーやカルティエの名品を物語的に紹介するページなどの存在自体はよかったと思うけど、どれもパッションがとても少なくてワクワクしない。正直かなり残念な印象。ELLEgirl初期のワクワク感をテイストを変えて表現することは、もうできないのかなあ。