うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

あなたの死角を愛せるか 『追憶と、踊りながら LILTING』

www.youtube.com



監督・脚本:ホン・カウ 出演:ベン・ウィショー、チェン・ヘイヘイ、アンドリュー・レオン、モーヴェン・クリスティ、ナオミ・クリスティ、ピーター・ボウルズ

昨年公開された「007 スペクター」を観た後、「ジェームスボンドのようなマッチョ男よりQの方が今っぽいしかっこいいし、100倍いい」というような感想を述べたところ、映画通のお姉さんから「それなら、Q役のベン・ウィショーが出ている『追憶と、踊りながら』を観た方がいい、絶対にいい映画だから」という強い推薦をいただいて、DVDを借りてきた。

いやほんと、むちゃくちゃよかった。

舞台はロンドン。ベン・ウィショーが演じるのは、恋人〈カイ〉を突然の事故で失ったばかりの同性愛者の男性・リチャードである。彼は、大切な人を失った悲しみを分かち合おうと、介護施設に入居している恋人の母親〈ジュン〉を訪ねるが、彼女は息子が同性愛者であったことを知らないばかりか、リチャードのことを自分から最愛の息子を遠ざけた気にくわないルームメイトだと考えているので、なかなか心を開かない。しかしリチャードはさまざまなアプローチでそんなジュンの心を溶かそうとする。そんなリチャードとジュンの関係を軸にしつつ、さまざまなディスコミニュケーションが重奏的に描かれる静かな物語だ。

ジュンは、カンボジア系中国人の移民という設定で、カンボジアからロンドンに移り住んでもう長い年月が経つというのに英語を少しも学ぼうとせず理解もしない。その孤立がいっそう、一人息子のカイへの依存を高めていたらしいことが示唆される。映画の中では映画の時間軸以前の出来事については詳しく語られないが、夫を早くに亡くしたらしい彼女の存在を、前途ある青年であるカイが罪悪感とともに重荷に感じていただろうことも示唆されている。

英語を理解しないジュンにとって、カイは唯一の肉親であるだけでなく、唯一の外界との翻訳者でもある。ジュンはカイを最大の理解者であり運命共同体だと考えているが、カイは、彼が流暢に話す英語に象徴されるように、既に母の知らない自分の世界、外の世界を持っている。その世界の輝きを、ジュンは理解するどころか見ようともしない。回想シーンのカイは、母親に同性愛をカミングアウトしようとしながらもできない逡巡の中にいる。その逡巡に気づこうとしないジュンとの間に横たわるディスコミュニケーションが痛々しい。息子の死後、ジュンの前に現れたリチャードは、彼女が見ようとしてこなかった最愛の息子の「ある一面」であり、それは彼女が知っている面よりも輝いていることは疑いようがない。それがいっそう彼女を苛立たせる。

ジュンに好意を寄せる老人〈アラン〉とジュンのすれ違い、通訳〈ヴァン〉の介入によって生じる登場人物間の関係の軋み、そして、それらと対置されているかのような、回想の中のリチャードとカイとの愛情に満ちたコミュニケーションの輝き。

それらの描写の重なりに、コミュニケーションのやりきれなさを静かに突きつけられる。人というのはとても複雑なかたちの多面体で「わたしから見たあなた」は常に死角に満ちている。結局、人と人が豊かなコミュニケーションを築くためには、その死角に思いを馳せる想像力と、それを肯定する寛容さが必要で、その上で、今「わたしから見えているあなた」を全力で愛でることができるかどうかにかかっているのではないか。とそんなことを思った。最後のダンスのシーンは、まさしくそれを象徴しているな、という感じがした。悲しいけれど、しみじみと美しいです。

それはさておき、ほんまにベン・ウィショーには萌えまくりです。恋人を思って泣く、その泣く姿の萌え萌えしさの半端なさ……。もう、めちゃくちゃ魅力的すぎてさあ。あと、恋人といちゃいちゃするシーンがもう……! 愛情たっぷりな上に、ほほえましくて、気持ちよさそうで、幸せそうで。男女のものを含めてあんな素敵なベッドシーン見たことないわ。素敵な、というのは、セックスはコミュニケーションであるということがあれほどまでに美しく表現されているベッドシーンという意味で。
ベッドでじゃれてる時に、リチャードがふざけてカイの乳首の毛を抜いたりするんだけどさ、「こら、やめろよ」「えへへ」みたいな。お、おいおいおいおいおい、おねーさん思わず声出たよ。ほほえましすぎて! 

あ、あと、DVDにはベン・ウィショーのインタビューの特典映像がついているんですけど、これがまた可愛いというか、なんというか。ヴァン役のナオミ・クリスティの横で、照れてるのかなんなのか、盛大にクネクネした動きをしていて、猫みたい。可愛い。あ、可愛すぎてだらだらと意味のないことばっか書いてしまう。なんしか可愛いねん、ベン・ウィショー

ま、ベン・ウィショーに限らず、すべての俳優が魅力的でした。「筋」というものがそれほどないのに、シーンの一つひとつがとても心に残る、何度も思い返してしまう映画でした。ほんと、見られてよかった。