うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

動物たち — 9月の旅(3)

旅の間、基本的に毎朝ジョギングしていた。

とにかく朝の風景が清新で本当に素晴らしかった。まずはコテージを出る手前の朝の道がこちら。ちょうど朝日の方向に入口があるので、プルメリアが散り敷くまっさらの道を、光に向かってスタートできるのが最高に気持ちいい。

 

f:id:moving-too-much:20170907075804j:plain

 

起こしてくれるのは、そこら中で飼われているニワトリたち。

あちらこちらから元気にトキの声を上げ、ステレオ状態で起こしてくれる。

f:id:moving-too-much:20170910083225j:plain

f:id:moving-too-much:20170908081940j:plain

 

そしてウブドで最も頻繁に見かける動物はというと、犬。

毛の長い雑種が中心で、バリ舞踊にも登場する聖獣「バロ」にも似ていて基本的に可愛いのだけど、これがジョギング中にはとっても危険。このあたりにいる犬はほとんど飼い犬だそうだが、放し飼いなので道端をうろうろしていて、観光客然とした私がとおると、すかさず吠え立てて追いかけてくる。やめて〜。

(お願い、どけてください……)←心の声。

f:id:moving-too-much:20170908072803j:plain

 

こちらは市場で見た子。雑踏を気にする風もなく、悠然と階段の途中に座っていた。

これも朝ジョグ中の一コマ。

f:id:moving-too-much:20170908074012j:plain

 

野犬になんとか襲われずにお宿につくと、飼い犬のクロちゃんはおとなしくて臆病で、とても優しいいい子なので安心。

f:id:moving-too-much:20170906114228j:plain

 

街歩き中にもたくさんの犬を見かける。

この子は繁華街にいた賢そうな飼い犬。まるで自身が神さまみたいにじーっと鎮座していた。あ、神さまに違いない。きっとね。

f:id:moving-too-much:20170906180648j:plain

f:id:moving-too-much:20170909124311j:plain

f:id:moving-too-much:20170907171621j:plain

 

猫もたくさんいる。不思議なのは、その美しさ。

野良犬は病気を持ってるように見える汚れた子も少なくないのに、猫はどの子もすごーく美しい。なんでなんだろ。羨ましいぞ。この子も野良だけど、宿にすっかり住み着いているのだそう。美猫。

 

f:id:moving-too-much:20170908115231j:plain

f:id:moving-too-much:20170906104857j:plain

 

この子はお土産物屋さんの猫。ご主人の商売のことなんか気にせず、冷たいタイルの床にできるだけ広い面積で自分を押し付けて涼んでいた。気持ちよさそー。

f:id:moving-too-much:20170907182628j:plain

 

まちのBGM係は鳩。ゆったりとしたホウ、ホウ、という声は癒しのメロディー。当然、王宮でお供えもののお米を食べる権利があるってもの。

f:id:moving-too-much:20170906172124j:plain

 

雀たちがコテージの屋根の上に。ヒナがお母さんにエサをねだっているらしい。甲高い声がかしましく、愛らしかった。

f:id:moving-too-much:20170906132841j:plain

 

昆虫はそれほどたくさん観察できなかったのが少し心残り。次に行く機会があれば、トレッキングなどもして虫をたくさん見つけたいな。

蝶はたくさん見かけたけどうまく撮れなかった。この子はゆったりとバナナ科の花にとまっていてくれた。いかにもな熱帯感。

f:id:moving-too-much:20170906113649j:plain

 

川辺には真っ赤なチョウトンボが。翅の美しさにうっとり。

f:id:moving-too-much:20170908160102j:plain

 

ネカ美術館のエントランスで立派な網を朝日に輝かせていた蜘蛛。お見事な美しさ。

f:id:moving-too-much:20170909115142j:plain

 

ヒンドゥーの島でも牛は働くのか? 世界遺産の棚田の中の小屋でたたずんでいた牛。ものすごーく高貴なお顔で、見とれた。こんな美しい顔の牛を見るの初めてだ。

f:id:moving-too-much:20170907160348j:plain

 

あ、あと、宿のテラスで夜にビールを飲んでいるとき、池のそばで蛍を見た、日本の蛍よりも光の間隔が短かった。小さい種類らしい。

ちなみにホタルはインドネシア語で「クナンクナン」、ちょうちょは「クプクプ」。同じ音を重ねるリズムが可愛らしいし、シニフィエにぴったり合ってる感じがする。