うだうだと考える日記

読んだ本や観た映画、日々の雑事のあれこれ ネタバレはないはず。

夕日が沈む海岸 — 9月の旅(6)

バリ島最後の一泊は、クタビーチへ。

見渡す限り延々と砂浜が続いて、本当に美しい。

夏の延長戦ということで、春先に買ったビキニを着て、ビールを飲んで、海の向こうに沈む名物のサンセットを眺めた。

朝は浜辺をジョギングした。砂がとても細かい砂浜は、潮が引くと海水で固く締まって、体重をかけても体が沈まない、とても快適なランニングロードになる。その表面はまるで毛皮のようになめらかで上品だ。

早朝の、まっさらでピカピカの朝の砂浜には、まだ海の家も売店も出店しておらず、表面に海水が薄く残った砂に朝日が反射すると美しく空を映して、まるで夢の中を走っているようだった。

備忘録として記憶のよすがにするために、美しい写真だけここに残し、書き残したことがたくさんある旅行記は一応、了。美しいものをたくさん見すぎて満腹になった1週間だった。

やっぱり、旅は定期的にするものだなあと、しみじみ。

 

f:id:moving-too-much:20170910201238j:plain

f:id:moving-too-much:20170910202203j:plain

f:id:moving-too-much:20170910202246j:plain

f:id:moving-too-much:20170911113901j:plain

f:id:moving-too-much:20170911194503j:plain

f:id:moving-too-much:20170911200042j:plain

f:id:moving-too-much:20170911203433j:plain

f:id:moving-too-much:20170911083555j:plain

f:id:moving-too-much:20170911062755j:plain

f:id:moving-too-much:20170911065506j:plain

f:id:moving-too-much:20170911062837j:plain

保存

保存